ユーザー登録型VSTプラグインデータベース
VST LINK
Listen to Musicの音楽投稿データは新VST LINKにも反映されております。
ユーザー登録後にお問い合わせより投稿者名を教えて 頂ければ存続の楽曲データを反映できますので、お手数ですがご連絡ください。

VST LINK - BeatBurner / CodeAudioについてつぶやく
このページのURLは
並び替え »» ランキング順 :: 登録順 :: おすすめ順 :: 最新順
今は … 「 最新順 」
 no. 370 »» BeatBurner / CodeAudio についてつぶやく
 プラグイン内容/対応OS » サンプル・ループ加工型フレーズ・シンセ / Win count » 1008  
3/13フリー化されたループ加工型シンセ
(2003年GForceがリリース予定だった製品)

ビート系やフレーズ系のサンプル・ループを取り込み、
音を潰してシンセ・フレーズへと変換する 変態的加工音源。
リズムに合わせて メタリックなフィードバック音がうなるようにメロを刻む、
とても強烈なジャングル・ビート(DnB)を簡単に作れる。
(ある意味、TB-303のACID soundや、dblue GlitchのBrokenBeats に近い)

[機能]
ループ: サンプルループ・エンジン(トランスポーズ/サンプル切替他)
シンセ: シンセ・エンジン:  Decay/Detune/Glide/Mix
      5系統強力フィルタ: Pre×2/Env用/LFO用/Post(フィルタ・オートメーション)
エフェクト: WaveShaper/Delay/Flanger
シーケンス: ピアノロール形式/MIDI入力可/25パターン(ループ゜部で選択)
___________________________________
[ダウンロード]
・ループ付属版(46MB) または 本体のみ(1.7MB)をダウンロード。
・付属ループの内容: Bass系19ループ、 Beats系38ループ
              (BeatsBurnerのテストに最適. 入手をオススメ.)
[インストール上のポイント]
1. ダウンロードしたアーカイブを解凍し、setup を実行
2. インストール先確認/変更
  ※不具合1: XP日本語環境で、インストーラ画面の「インストール先フォルダ名」が
    きちんと表示されない、という問題が発生する。

  → そのまま続行すると「デフォルトのプラグイン・フォルダ」にインストールされる。
    デフォルト以外のフォルダを使いたい場合、下記のどちらかの対策をとると良い。
  [対策1-1] インストーラ画面の濃いブルー背景部下端に書かれた
            "Where would you like to install BeatBurner VSTi:"
         の下または上をクリックすると、インストール先を選択できる。
  [対策1-2] インストーラ終了後、デフォルト・フォルダ下に新しくできたフォルダ
            "Core Audio"
         をいつも使っているプラグイン・フォルダへ移動もしくはコピーすれば
         正常に使えるようになる。
         ※ デフォルトのプラグイン・フォルダの場所がわからない場合:
           Windowsファイル検索で"Core Audio"を検索すれば見つかる。
3. シリアル番号入力
  インストーラ終了後、DAWでプラグインを起動すると「シリアル番号」を聞いてくる。
  "serialnumber.txt"に書かれている番号を入力すればインストール完了。

  ※不具合2: savihostで起動すると画面が空白になる → [対策] 他のホストを使う
___________________________________
[情報源]http://www.gersic.com/plugins/index.php?daPlug=1853

 ■Drum&Bass ■ACID
 ■Loops ■Time_Stretch ■SubHarmonic ■StepSequencer 
BeatBurner / CodeAudio
 おすすめ » ★★★  
 カテゴリー » VSTi:Drum 2008/03/14(Fri) 


 

左フレームが表示されて無い方はこちらをクリック
+ P link 1.11 +

Copyright (C) 2007 ioris All Rights Reserved.