ユーザー登録型VSTプラグインデータベース
VST LINK
Listen to Musicの音楽投稿データは新VST LINKにも反映されております。
ユーザー登録後にお問い合わせより投稿者名を教えて 頂ければ存続の楽曲データを反映できますので、お手数ですがご連絡ください。

VST LINK - Sonitarium (ソニタリウム) / Moppel (モペル)についてつぶやく
このページのURLは
並び替え »» ランキング順 :: 登録順 :: おすすめ順 :: 最新順
今は … 「 最新順 」
 no. 256 »» Sonitarium (ソニタリウム) / Moppel (モペル) についてつぶやく
 プラグイン内容/対応OS » キラキラ・パッド系DSF音源 count » 406  
カタカナ表記シンセ「ミフイ」でおなじみ、 Moppel の新作キラキラ・パッド系音源。
[KVR] http://www.kvraudio.com/get/3127.html

DSF音源とは、James A.Moorerが1976年に発表した離散総和公式(DSF)に基づくスペクトル合成音源[1]で、Dr.John ChowningのFM音源と同様な可能性を持つ。
Moppelは前作のDSF音源(Moppeltron、 Miffi)で、「オシレータ周波数比によるスペクトル合成」がFM/PM/PD以外に存在する事を示したが、そのオシレータは2op×2chステレオだったため、DSF音源は出音が軽くて薄いという印象を与えた。

新作Sonitariumは、高い評価を得たトランス系レイヤー音源 antti's GalactiX [3] (DSF内蔵)のデザインを推し進め、1音あたり最大100個のDSFオシレータ (2op、 alias free、 quadrature)をレイヤー可能とし、クリアでリッチな響きを実現した。

[1] "The Synthesis of Complex Audio Spectra by Means of
   Discrete Summation Formulas"、 James A. Moorer、 1976、
   http://www.jamminpower.com/main/articles.jsp
[2] "Discrete Summation Formula (DSF)"、
   http://www.musicdsp.org/showone.php?id=68
[3] トランス系レイヤー音源 GalactiX (Antti@smartelectronix)
   [KVR] http://www.kvraudio.com/get/204.html
___________________________________
[mp3] http://www.tutututututu.de/synths/stdemo2.mp3
     http://www.tutututututu.de/synths/stdemo.mp3

 ■Unclassified ■DSF
Sonitarium (ソニタリウム) / Moppel (モペル)
 おすすめ » ★★★  
 カテゴリー » VSTi:Synth (Unclassified) 2008/02/15(Fri) 

◆[157]  2009/01/20(Tue) 19:14:40
Ver.1.2リリースしたようです

 

左フレームが表示されて無い方はこちらをクリック
+ P link 1.11 +

Copyright (C) 2007 ioris All Rights Reserved.